どーも。のっちです。いかがお過ごしでしょうか? 僕は相変わらず、のんきに日々過ごしてます


やりたいと思ったとき恐怖を感じることはありませんか?

もし、ないと思った方は今日の記事は、共感を得ないかもしれませんので、ご了承ください。


・やりたいと思うはずなのにやれない
・やりたいことはこれでないかも
って感じるときってありますよね。

自分で自分のことがよくわからなくなってしまうことってありますよね。

「恐怖」の原因として
・やりたいことだからこそ、
・その先に期待があるからこそ、
沸いてくることもあるのかもと思いました。

必ずしもやりたいことに「楽しい感情だけ」が来るとは言い切れないなと!!
・やりたいことだからこそ、うまくいかなった場合、がっかりしそうで怖い。
・期待しているからこそ、期待通りにいかなかった場合、ショックを受けそうで怖い。
・やりたいことだからこそ、自分の力の無さに直面した場合、ショックが大きくて立ち直れそうで怖い。

「やりたい気持ち」や「期待」があるからこそ、「できない」と感じるような現実を目の前にした時を想像すると、怖い。失敗してやり直せなくなるかもと思うこともあるでしょう。私も日々そんな感じなんす。それで、好奇心旺盛の僕ですけど、「やりたいこと」に、「恐怖心」がセットになるんですよね。


ただ、やってみると案外どうにかなることもあるなと大学時代に様々な実習を経験させていただき、気付かされたこともありました。
実習前日なんかは、もう寝られなかったですし、やる気も起きずに何をすれば良いのかも分からない程でした。
いくら数日~数週間という短期間であったとしてもやはり、怒られたらどうしよう。困らせたらどうしよう。向いてないと言われたらどうしようなど様々なネガティヴ思考になってしまいました。
ですが、初日終えて、感じたことは
「とりあえず終えた。」や「意外と考えているよりはマシかも」と少し考えすぎてたのかもと思いました。想像は想像でしかないのかもと。
「想像」から「創造」に変化させてみることも大事なのかもですね。
ですが、どんなことでも最悪な事態も想像することも必要です。
だからこそ、

・第一歩目を踏み出してみる
(+α 踏み出す前は怖いと感じても良いと思う)

頭の中で想像、妄想してることって、いくら考えても、想像、妄想の範囲(枠)から出ることが出来ないですよね
・とにかくやってみる
・第一歩目を踏み出してみる

経験すると違う面が見えるかもしれない。
思ったことと違うかもしれない。
その差を敢えて楽しむのも良いかもしれないですね。
人の体験談も見ても良いかもだけど、
あなたはあなた。体験談を語った人とは違う。
あなたはあなたにしか出来ないことがあります!
あなたはあなたで世界を作り出せます。


最近やってたのですが、
アインシュタインさんの言葉
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」
という言葉がありました。

まさにこのことかもです。
違うかもだけど笑
心に響いたCMですな
日々沢山の経験をしたいと思えるCMや!

僕も日々迷いながら過ごしてます
皆さんもそうかもです。
ですが、どんなことも
しっかりと全力で向かうように
と思えるようになり
日々奮闘中。

皆さんも一歩踏み出してみませんか?

以上、のっちでしたー!