どーも。のっちです。いかがお過ごしでしょうか? 僕は相変わらず、のんきに日々過ごしてます


依存は、支配なのかということを考えてみたいと思います。

「○○依存」というとどんなものがあるか。
最近では、「スマホ依存」という言葉をよく聞くようになった気がします。

携帯を手放せなくなるってことらしい
(実は僕もたまにそんなことある!)
お風呂に持って行ったこともあり、
水浸しになり使えなくなり反省して以来持ち込まなくなったけどね。


それで、それが無いと無理ということはそれが必要だと脳にインプットさせてるのかなと。

刷り込みみたいな?

心理学用語やから少し意味ちげーか笑


で、戻るけど、
依存は支配という点では
この例は当てはまる気がするんよ。

なぜなら goo辞書によると、
依存→い‐そん【依存】
[名](スル)《「いぞん」とも》他に頼って存在、または生活すること。「会の運営を寄付金に―する」「―心」
  1. ex)いそんかんけい【依存関係】
  2. 1 ある人・物と他の人・物とが、互いに頼り合う間柄であること。
  3. 2 論理学で、ある事物の存在・状態・価値などが、他の事物によって規定され、制約される関係。原因に対する結果、目的に対する手段、理由に対する帰結など。依属。

支配→《名・ス他》ある者が自分の意志・命令で相手の行為やあり方を規定・束縛すること。更に広く人以外のものでも、他に強く働いてそれを左右すること。 「前世紀を―した思想」

ほらね。一目瞭然!

どちらも
束縛、制約という言葉を使っている。
つまり、制限されて乗っ取られるようなものということになるんすよねー


∑d(゚∀゚d)ォゥィェ!!

色々頑張りましょー

今日は、なんか学問チックになってしまったきがする笑


のんびりしてないブログ記事でした笑



以上、のっちでしたー!!