メッセージボード
☆このブログについて☆
はじめまして。「のっち」です。男です。
自由気ままに更新しています。気軽に見てください。

◎自己紹介
【所有資格】日本漢字能力検定(3級、準2級)、実用英語技能検定(3級)、色彩検定3級、敬語検定3級、心理カウンセラー初級、コミュニケーション心理学1級、カラーセラピスト資格多数(アドバンスカラーセラピスト/アロマリーディングセラピスト/カラー数秘リーダー/CHCカラーセラピスト)保有、食品衛生責任者、おもちゃインストラクター、こどもパートナー、敬語検定3級、高等学校教諭一種免許(国語科)、児童指導員任用資格、社会福祉主事任用資格

【僕の好きな言葉】
→「空を見上げてみろ」
※「空」と「自分」の「大きさ・見える世界」を見比べろっていう意味らしいです
お世話になった人の言葉です。

【趣味】読書、散歩、ラジオを聞く、ラーメン食べ巡り、お菓子作り、野球観戦、テニス、ボトルシップ、カルトナージュ、タロット占い、神社仏閣巡り、御朱印巡り、美術館巡り、書道、ペン字

☆定期的に自主企画ラジオ「のちラジ」配信していました。2016年3月一時中断。
☆熱意と茶髪とメガネ野郎で構成されている「のっち」の小言であり、のっちのマイペースな日常を書いております。
☆表現に関すること(書くこと、話すことを主にする仕事)を独学で勉強しつつ過ごしてます。いつか花開くその日まで。表現者になるのが夢です。自分なりに頑張ります!
☆大学時の専門・・・日本文化、言語学(方言やアクセントなど)、心理学(犯罪心理学など)、環境デザイン
☆日本芸術アカデミー「俳優・役者/演技技術認定講座」修了(レベル:プロ〜セミプロ)
☆雅号:「嶂風」
☆CEFRレベル:A2

アクセス数、二日目にして60回超えしました。
見ている人が分からないのは残念ですが、見てくれた方ありがとうございます☆

ブログ更新するのは、とても大変だと感じつつ書いております!

「目指せアクセス数100」で日々精進して行きたいと思います

今日も寒かったな(−_−;)
そして、皆さんお疲れ様でしたー!!

僕は今日久々の休みと言う事で、大人の塗り絵キットで塗り絵したり、地元の図書館行ったりなどで、のんびり過ごせた気がします。
image


image


色鉛筆の量多いと思いませんか?

僕も驚きました。こんなに大きなものが居間の押入れから出てきたので

さっきまで部屋の整理をしていたら、昨年のカウンセリングの授業のプリントが出てきた。

心理学の言葉で
「開かれた質問(open question)」
「閉ざされた質問(closed question)」
が有ったことを思い出した・・・


カウンセリングにおける質問技法の中に、「開かれた質問(open question)」と「閉ざされた質問(closed question)」という技法があります。円滑なコミュニケーションを促進するための会話術や、コーチングの中でも取り上げられる技法で、現在非常に幅広い分野で知られる技法となっています。ことカウンセリングという分野に限って述べると、1980年代にA.E.アイビィによって開発されたカウンセリングのスキルトレーニングプログラムである“マイクロカウンセリング”の中で、質問技法として取り上げられています。マイクロカウンセリングにおける質問技法とは、相手をスムーズに対話に誘うための技法とされています。「開かれた質問」「閉ざされた質問」は、それぞれ次のように定義されています。

■開かれた質問:応答内容を相手に委ねる質問形式のこと。導入のための質問(「どのようなことでいらっしゃいましたか?」など)・具体例を引き出す質問(「具体的にお話いただけますか?」など)・経過を聞く質問(「それでどうなりましたか?」など)・感情を聞く質問(「どのように感じましたか?」など)の4タイプがあります。

■閉ざされた質問:相手が「はい」「いいえ」あるいは一言で答えられるような質問形式のこと。たとえば、「お休みは土日ですか?」「ご出身はどちらですか?」などがあげられます。

開かれた質問で問いかけられると、尋ねられた側は質問に答えるために考える時間を必要とします。開かれた質問に対する応答は様々な情報を含んでいる可能性が高いため、その後の会話の深まりが期待できます。一方、閉ざされた質問に対する応答は「はい」か「いいえ」あるいは一言で答えることが可能なため、答えるために考えこむ必要がほとんどありません。そのため、質問する側は得たい情報だけを得ることができ、答える側は答えるのに苦労しなくてすみます。

一般的には会話を盛り上げたり、コミュニケーションを深めたりする場合には、開かれた質問を多く用いる方が良いと言われています。応答する側の自由度が高いため、内容に広がりが出るからです。しかし、たとえば初対面で緊張度の高い場面などにおいて、最初から開かれた質問ばかり投げかけられると、対話自体が苦痛になってしまう可能性もあります。それぞれの質問形式の特徴を捉え、閉ざされた質問で対話のテンポを上げながら、開かれた質問で相手に自由な発言をしてもらうという形が理想的といえます。また、マイクロカウンセリングにおける「マイクロ技法の階層表」においては、上記の質問技法の土台となるものとして、「かかわり技法」が設定されています。つまり、どんなに巧みに質問技法を使いこなせたとしても、コミュニケーションの前提となる心地よいかかわりができていなくては、相手はスムーズに会話に応じてくれないということです。相手に関心を持つ・相手と適度に目を合わせる・相手に合わせたスピードで話すなどの行動があって初めて、質問技法は効果を発揮するといえます。

困った時に使えると言われたので、もっと日常会話で使えるようになりたい。コミュニケーション能力って、むずい(−_−;)

僕の目標は聞き上手な人になること
なので、傾聴できるようになりたい!

寒さに限界を感じたため

ホット飲料買いに行きましたー
今年初の「おしるこ」です☆

image



冬だなーと感じた瞬間ですねー

秋はどこ行ったのかな??
そう言えば「師走」なんだよねー

師走の語源または由来について (調べてみた)
1.師が走る、師とは誰かで4説
1-1)師は学校の先生、先生が走る(子供の頃のおじさんの認識)
★1.師走とは、年末で日ごろ落ちついている学校の先生も忙しくて走りまわる月だと言うところからきたという説。いまだにそう言う人もいる。

1-2)師とは坊さんなり、坊さんが走る(ごく最近までのおじさんの認識)
★2.師走とは「師馳(は)せ月」(しはせづき)なのだそうです。昔は正月も盆と同じように祖先の霊をともらう月でした。お経をあげるため、お坊さん(=法師とか導師と言うでしょう)があちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源だと言う。
 おじさんの田舎でもお盆の12日ごろ、年末の29か30日ごろだったか毎年坊さんがお経をあげに来ています。盆と正月前には必ず檀家を廻っています。だからその時期坊さんが物凄く、忙しく駆けずりまわっているというのはよく分かります。

1-3)師とは師団の師で、兵隊さんが走る
★3.師走とは師団つまり、「年末になると兵隊さんがバタバタ走る」という意味らしい(これは1名だけの少数意見)。

1-4)師はとにかく師匠のことである。なんの師匠かはあまり深く追求しない。ただ走り方が問題。趨(すい)走(チョコチョコ走る)する。
★4.師走とは、1年の終わりの12月は、みんな忙しく、師匠も趨(すい)走(チョコチョコ走る)するため「師趨」(しすう)がいつの間にか「師走」に代わったとする説もあります。(「師趨」の趨の右側が取れた?)

2.ここからは誰も走らない 何々の終わりという意味
2-1)仕事が終わる
★5.師走とは、12月は1年の終わりの月であり、総仕舞いの意味の「仕極(しは)つ」が語源との説。『し』が仕事の「し」で『はす』の方は「果てる」の意味。仕事仕舞いの月、つまり仕事が終わるという意味。

2-2)為す事が終わる
★6.「師走」とはもともと「為果つ月(しはつつき)」であり、1年の終わりの物事をなし終えるという意味があったらしい。(為す事が終わる?字が違うが、意味はほぼ上と同じく仕事の終わりだね)

2-3)年が終わる
★7.師走とは「としはつるつき」や「としはするつき」がなまったという説(これは歳が果てる、年が終る月という意味)

2-4)日時が終わる
★8.貝原益軒の説は、日時がはつる月だから、「しはつる月」、それがなまって「しはす月」となったのであろうという説(★7と同じ。貝原益軒説は疑問★9のほうでしょう)

2-5)季節(四季)が終わる
★9.江戸・元禄元(1688)年の『日本歳時記』(貝原好古編・貝原益軒補)という本には「しわすというは四時の訛音なり。四極月(しはつづき)なるべし」とあります。つまり四時(春夏秋冬)が果てる意味の「しはつ」がなまって「しわす」になったのだそうです。これは四季の終わり、つまり季節が終わるという意味。
★10.「歳極(トシハス)」の略転、「万事、為果(シハ)つ月」、(大言海)(上2つ、2-1)と2-2)同じか)

3.当て字説
★11.「十二月(シハス)には 沫雪降ると 知らねかも 梅の花咲く含めらずして」と万葉集巻第九~一六四八にあり、また、「十有二月(シハス)」と日本書紀にあります。
これからして、万葉・記紀時代には数字で書いて「シハス」と読み、「師走」とは表記しておりません。従って、「師走」は後世の当て字であることがわかります。
(昔から十二月をシハスと呼んでいた、後で師走を当てたのだろうと言うことですね。これは説得力あり)
★12.「語源不詳」「師走」は当て字、以上は(国語大辞典)
(ズルイがとにかく当て字説派。これが一番正しいかも)

これだけ有りました。どれが正しいのかな(笑)
この集中力を他に回せと言われそうですが・・・

私事ですが、二点ほど報告があります。

10月5日(土)12時から渋谷ヒカリエホールBにて、三菱商事 presents FM FESTIVAL 2013 未来授業~明日の日本人たちへ~「ニッポンの転換点・未来を創る」に参加してきました。ラジオに出ました。自分の声聞くのは恥ずかしかったです

講演をされた方は、クリティカルデザインを手掛けるスプツニ子さん・建築家の安藤忠雄さん・ジャーナリストの池上彰さん・聖学院大学全学教授の姜尚中先生と言った方々で、有名な方ばかりです。それぞれ様々な視点で語られていて、十人十色とはこういうことを言うのかと言うのが率直な感想です。スプツニ子!さんは、「ゆとり教育悪くないのではないか」という指摘。安藤忠雄さんは「電子機器の会話だけで良いのか」という指摘。池上彰さんは「教養を学ぶ理由、世の中に批判的でも良いのでは?」という指摘。姜尚中先生は「孤独や孤立しているか、親友と心友居ますか?」という指摘。4人とも言いたい事や核になることは同じだが表現方法が異なるだけで、何かを換言して繰り返しているように感じました。様々な見方が出来ることを学べました。感性や知性を磨けたかは分かりませんが、またとない経験ができ、嬉しく思います。個人的には、参加者が見ている未来授業の中で、姜尚中先生に直接意見も言えたという経験ができたので、是非とも沢山の方に聞いて欲しいです。尚且つ、今後の学生生活の参考にしたり大学内で共有したくなりました。本当に楽しめて参考になった1日でした。このような機会を頂けて嬉しく思います。またこのような機会が有れば参加したいです。

【参考サイト】姜尚中先生に、僕が発言した様子などが動画で下記サイトよりご覧いただけます
◇特設サイト:未来授業
http://www.tfm.co.jp/fes/index.html


②入学前準備教育が学研さんの雑誌に掲載されました。

image


以上、私事ではございますが、自身のブログにてご報告致しました。

窓が曇っていたどー

驚きです!

写真載せておきます。
自分の部屋から見た感じです☆
image


寒い日が続きますが、互いに体調に気をつけて行きましょう!


そういえば、最近ホット飲料を買い始めましたー
image


ホット飲料などであったまりながら、今日も一日頑張って行きましょう☆

カフェ巡り

最近、川越のカフェ巡りがマイブームであり、趣味の一つになりつつあります。

苺のケーキやチョコのケーキなど様々です☆
image

趣味は・・・
カルトナージュ

◎カルトナージュとは??
厚紙(carton)で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げたもの。18世紀頃、南仏で蚕を入れる紙箱に装飾を施した物が発祥と言われている。 フランスでは紙で装飾することが多いが、日本では布を用いることが多く、しばしば「布箱」とも称される。 本の表紙などでは箱物の露出が多いが作品の種類は多岐に渡り、フォトフレームやファイルなどの平面作品、フランスの熟練職人は家具に至るまでカルトナージュで制作している者もいる。
image

手帳カバーを作成しました!!

初めまして。のっちと言います。


このブログの目的
①私的要素拡大
②男子力UP
③機械音痴な部分を減らし、機械に慣れる

ファンシーなものや、可愛いアンティークが大好きな僕「のっち」の私生活が垣間見れるブログとなっております。Twitterと連携させて行く予定なので、Twitterやってなくても、なんとなく現状理解をいただけると思います。1日一回は書く事を目標にします。宜しくお願いします。

・好きなもの
➡︎生クリーム、シュークリーム、アニメ
・苦手なもの
➡︎虫、無視されるのも嫌ですね

こんな感じです。
改めて、宜しくお願いします☆

↑このページのトップヘ